5月29日A(公正取引委員会)

今日の新聞記事にセブンイレブンに関する記事がありました。


以前、問題となったセブンイレブンの弁当販売に関する賞味期限前の見切り販売に

関するものです。

公正取引委員会は、加盟店などへの調査を経て、独占禁止法の優先的地位の乱用

であるとして排除措置命令をセブンイレブン本部に対して行なう模様とのこと。

このような排除措置指示が出るとコンビニ業界としてはかなり痛手を被ることに

なりそうです。

コンビニは様々な利便性を提供することで、ほとんど値引き販売を行なわない、

という特徴があります。

今回の排除措置命令により弁当の見切り販売を行なう加盟店が現れる可能性が

あります。

フランチャイズチェーン全体として見切り販売を推進するものではないので、見切り

販売をする店舗としない店舗が混在して、フランチャイズシステムが持つ店舗間での

サービスや価格の均質性や均一性がくつがえされてしまう可能性が高くなります。

そうなるとフランチャイズ本部としては一定のルールやシステムを構築して均質性や

均一性を保つ必要性が生じてきます。

今後、コンビニ業界各社がどのように動くのか注目したいところです。

また、外食FCやサービス業FCにどのような影響があるのか?

注目していこうと思います。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13461429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)