フランチャイズマニュアル

フランチャイズ本部は、店舗運営、商品管理、接客、販売などの

多くのフランチャイズマニュアルを作成しています。そして加盟すると

これらのフランチャイズマニュアルを貸与し、このマニュアル沿って

運営や業務を行なっていくよう指導していきます。

このマニュアルは、フランチャイズ本部が開発してきたノウハウ

結集したものです。

ですからマニュアル自体がフランチャイズパッケージにおいて

非常に大きな役割を果たすことになります。

 

加盟希望者は、加盟検討しているフランチャイズ本部にニュアル

存在するかどうか?また、どのくらいの頻度でマニュアルが改訂される

のか確認することが必要です。

そもそもマニュアルがない場合は、フランチャイズパッケージが整って

いないと判断できます。また、マニュアルの改訂が頻繁に行なわれて

いない場合は、日々ノウハウ開発を行なって、それを加盟店に

フィードバックしていくことにあまり積極的でないと判断できます。

こういった情報をしっかり掴んで、加盟検討の材料とすべきです。

マスターフランチャイズ契約

フランチャイズ本部が、特定の地域において加盟店開発力を

有する事業者に対して、フランチャイズ本部に代わって、

その特定地域内でフランチャイズ加盟店を募集する権利を

与える契約のこと。

 

加盟希望者は、自己に対して営業している事業者が、

フランチャイズ本部そのものなのか?

マスターフランチャイズ契約に基づくエリアフランチャイズ

本部なのかしっかり確認する必要があります。

フランチャイズパッケージ

FC加盟契約によって、フランチャイズ本部が提供することを

約束し、フランチャイズ加盟店が対価を支払って利用する

一定の経営システムないし一覧のプログラムを言います。

 

フランチャイズパッケージは、以下の3つの要素が組み合わされています。

(1)フランチャイズ本部の商標、チェーン名、屋号などその

  フランチャイズ本部の事業であることを示す標章(マーク)を

  使用する権利

(2)フランチャイズ本部が開発した生産、加工、販売その他

  経営上の技術(ノウハウ)を利用する権利

(3)フランチャイズ本部のイメージを維持し、高めるために

  フランチャイズ本部が行なう指導、援助を受ける権利

 

以上、3点が非常に重要になります。

 

加盟希望者は、加盟しようとするフランチャイズ本部に上記3点が

しっかり確立しているかどうか確認する必要があります。

もしフランチャイズパッケージに不備があるようであれば加盟するか

どうかについては再度検討する必要があるでしょう。

フランチャイズシステム

フランチャイズ加盟契約を基に、加盟店に対して、商標、

サービスマーク、 トレードネームその他の営業の象徴となる

標識及び経営ノウハウを用いて同一のイメージのもとに

事業を行なう権利を与えるとともに経営に関する指導を行い、

その見返りとして加盟店から加盟金ロイヤリティ等の一定の

対価を徴収するフランチャイズ関係を組織的・体系的に行なう

事業方法のこと。

 

加盟希望者が注意しなければならないことは、契約を締結しようと

しているフランチャイズ本部が提供するものがどういったものなのか、

をしっかり理解することです。

契約によって発生する本部と加盟店の関係がフランチャイズシステム

あたらない場合は、契約を締結するか否かについて再度検討しなければ

ならないと思います。

フランチャイズ

フランチャイズとは、事業者(フランチャイザー)他の事業者

(フランチャイジー) との間で契約を結び、自己の商標、

サービスマーク、トレードネームその他の営業の象徴と

なる標識、および経営のノウハウを用いて、同一の

イメージのもとに商品の販売そのたの事業を行なう権利を与え、

一方、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、

事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導及び援助

のもとに事業を行なう両者の継続的関係をいう。

(社団法人日本フランチャイズチェーン協会の定義)

 

加盟希望者が注意しなければならないことは、加盟しようとする

本部が提示した契約書の内容が上記に記載した定義を網羅して

いるかどうかという点です。

契約書のタイトルが「FC加盟契約書」と書かれていても場合に

よっては、その実態は単なるライセンス契約の場合もあるからです。

契約書はそのタイトルが重要なのではなく、内容が重要なので、

最初からFC加盟契約であるという認識ではなく、契約書の内容が、

標識、経営ノウハウの使用が認められているのか?

といった部分まで踏み込んで確認していく必要があります。

フランチャイザー(フランチャイズ本部)

商標、サービスマーク、トレードネームなどの使用を許諾する

事業者のこと。その他、フランチャイズ本部は加盟店が販売する

商品を提供したり、加盟店が提供するサービスに必要となる機材、

商材を提供します。 その見返りとして本部は、加盟金保証金

開業準備金ロイヤリティーを加盟店から徴収します。

フランチャイズ本部に加盟すると独自に営業活動をすることが

不可能となりますので、本部から提供される商材や機材、商品が

全てになります。

 

ですから加盟希望者は、加盟するフランチャイズ本部

選しなければなりません。 加盟してからでは後の祭りと

なってしまいます。

テリトリー制

フランチャイズ本部フランチャイズ加盟店に対して、その販売地域を

指定する制度です。

この指定された地域に加盟店を1店舗しか設置しないものを

排他的テリトリークローズド・テリトリー)、複数店舗を設置する

ものをオープンテリトリーといいます。

これに対して、販売地域は指定しないが、店舗の設置場所を

一定の地点、あるいは地域内に限定するものをロケーション制

といいます。

 

加盟希望者は、自分が契約しようとしているFC加盟契約

よって、出店予定地域に関して排他的な権利を得ることが

できるのか?排他的権利を得ることが できないのか?などを

しっかり確認しておく必要があります。

中小小売商業振興法

中小小売商業者の経営近代化と合理化を促し、支援する内容の

法律です。この中小企業商業振興法には、フランチャイズ加盟に

際して、加盟希望者に法定開示書を提示することを義務として

定めています。

 

加盟希望者は、自分が契約しようとしているフランチャイズ本部

契約締結前法定開示書を提示するか確認する必要があります。

もし、法定開示書を提示しない、提示したがらない、あるいは法定開示書

そのものがない、といった場合は、そのフランチャイズ本部には

加盟しない方が無難でしょう。

ターンキー

フランチャイズシステムでは、契約形態によってはフランチャイズ

本部が店舗物件の捜索、店舗工事、商品納入、従業員の訓練、

販売促進といった開業準備を全て行い、 開店できる状態にしてから

加盟店に引き渡すものもあります

 

「店舗の鍵を返す」という意味で、ターンキー方式といわれています。

 

加盟希望者は、自分が契約しようとしている契約形態

どのような内容なのか、しっかり確認する必要があります。

スーパーバイザー(ストアアドバイザー)

加盟店の経営・運営指導を行なうフランチャイズ本部

専門職のこと。

本来フランチャイズ本部は、スーパーバイザーの役割を

重視するはずです。なぜなら加盟店へアドバイスを行い、

加盟店の成績を向上していく役割やフランチャイズチェーン

全体の統制を図る役割があります。

フランチャイズ本部の中ではスーパーバイザー加盟店

最も接点があるので、その役割は計り知れないほど大きい

ものになります。

 

加盟希望者は、加盟を検討しているフランチャイズ本部考える

スーパーバイザーの役割や実際に何人のスーパーバイザー

所属しているのか?といった点を質問することが必要です。

サブフランチャイズ(エリアフランチャイズ)

フランチャイズ本部が、他の事業者との間でサブフランチャイズ契約

地区本部契約)を締結し、一定の地域において加盟店募集営業を行い、

FC加盟契約を締結する権利を与えるものです。

サブフランチャイズになる事業者は、加盟金等の徴収、指導、サービス

提供を行なう権利を有することも多く、サブフランチャイズとFC加盟契約を

結んだ加盟店にとっては、フランチャイズ本部とほとんど代わることが

ありません。

 

加盟希望者は、自分が契約を締結する相手が、フランチャイズ本部なのか?

サブフランチャイズ本部なのか、しっかり確認する必要があります。

フランチャイズ本部は優良でもサブフランチャイズ本部が優良ではない、

という可能性も否定できません。

競業避止義務(競業禁止、競合禁止)

加盟店が本部の営業と同一、もしくは類似の営業行為を

禁止すること。この競業避止義務FC加盟契約に定められて

いることが多く、加盟店は、契約期間中のみならず契約終了後の

一定期間についても競業避止義務が継続します。

本部は、自己が作り上げてきたフランチャイズシステムを安易に

外部に漏らされないようにするためこのような義務を設けています。

 

加盟希望者は、FC加盟契約書をしっかり確認し、競業避止義務

有無や内容、契約終了後の一定期間を確認する必要があります。

特に、一旦フランチャイズ本部に加盟するが、いずれ自分自身で

お店を作り上げたい、といった目標がある方は注意が必要です。

オープンアカウント

一部のフランチャイズシステムで採用される本部と加盟店の間に

発生する取引を処理するための方法のこと。

本部が支払いを代行した商品の仕入れ代金や公共料金などと、

加盟店が本部に支払う売上高などと経理上相殺される。

資金繰りにとらわれることなく経営できるメリットはあるが、本部と

加盟店間でルールが共有されていないとトラブルになる可能性がある。

 

加盟希望者は、FC加盟契約を締結する前にオープンアカウント

制度有無やオープンアカウント制度がある場合には、その制度

詳細を理解する必要があります。

エリアフランチャイズ契約

フランチャイズ本部が、特定地域で開発力を持つと判断される

事業者等に対して、 当該地域でフランチャイズ加盟店を募集する

権利を与える契約のこと。

 

加盟希望者は、エリアフランチャイズ契約に基づく加盟店募集営業なのか?

あるいは本部が加盟店募集の営業を行っているのかについてしっかり

確認する必要があります

粗利(荒利)分配方式

コンビニエンスストアや飲食業のフランチャイズシステムで

用いられる ロイヤリティ算出の計算方法のこと。


「売上−売上原価=粗利益高」とし、粗利益高に一定割合を

乗じたものをロイヤリティとして加盟店からフランチャイズ本部へ

支払うことになります。

 

加盟希望者は、開業後に自分が月額に支払うことになる

ロイヤリティ算出方法や予測される額についてしっかり

認識しておく必要があります。

 

売上    500万円  原価    200万円  粗利益高 300万円

ロイヤリティ割合 10% 

上記の例では、月額ロイヤリティは30万円となります。 

 

フランチャイズ用語集

フランチャイズビジネスに関する用語は専門的な用語も多く、

理解が難しいものもありますので、用語集を作ってみました。

順次追加していきますので、ご参考にしてください。